ポンプの耐腐食性向上に-特殊コーティング-

今回のブログでは、ポンプの耐腐食性を向上した補修事例をご紹介します。特殊コーティングで耐腐食性を向上し、長寿命化を実現しました。

一般的に、流体に腐食の原因となる成分が含まれていると、ポンプの腐食進行が早まり、メンテナンスのコスト増を引き起こします。
また、新しいポンプを導入することが大変難しく、なかなか改善が進まないようです。

今回ご紹介する事例も、ポンプの腐食に関するお悩みでした。そこで、耐腐食性を向上できる特殊コーティングを千代田商事からご提案しました。


ポンプの耐腐食性向上の特殊コーティングの工程紹介
ポンプを分解し点検

内部の現状を確認

接液部の腐食が激しく、水漏れがありました

内部は全体的に腐食

オイルシール当たり部も腐食

ブラスト処理
ブラスト処理で表面の腐食炭化物を除去。母材の状態を詳細に渡って確認しました。
表面の腐食炭化物を除去すると、後の耐腐食コーティングの施工がしやすくなり、母材と特殊コーティングの密着性が高まります。

ケーシングの摩耗を発見。溶射補修も追加しました

こちらの摩耗部分にも溶射補修を追加

特殊コーティング
上下ケーシングとインペラーにコーティング処理を施工
ガラスフレーク配合のコーティング材を使用し、耐腐食対策をしました。

インペラーのマウスリングにもコーティング施工を実施して、摺動部への対策も実施

新規部品製作
腐食が激しいスリーブとマウスリングを新規製作。
マウスリング部にインペラーを合わせ
マウスリング部にインペラーをあわせる際、キャスティング工法で整形しました。
塗装・組立・完成
最後に、塗装・組立してから、摺動部などの動作確認を行いました。
ポンプ補修では、耐腐食性、耐摩耗性などを目的に、水用、海水用、スラリー用、薬液用などでの実績が豊富にございます。ポンプ補修でお困りの際には、千代田商事へお気軽にご相談ください。

ポンプ補修事例のご紹介


facebookページはこちら