熱交換器

補修・メンテナンス(リコンディショニング)

なぜリコンディショニングが必要なのか?

補修・メンテナンスのメリット

  • プレート式熱交換器の寿命延長が可能

    • 能力回復(最適な洗浄方法によってプレートを傷めずに能力を回復します)
    • 異常を早期発見(表面の汚れを落とすだけではなく、プレート検査を行うことにより、歪み・腐食・ピンホールなどの有無を確認することができます)
  • 伝熱効率の低下防止

    • エネルギーロスを抑制
    • 突発トラブルの減少(無駄な費用、労力の防止につながります)

    ※アルファラバルをはじめ、あらゆるメーカーに対応致します!

施工事例

プレート式熱交換器の分解点検・洗浄補修【リコンディショニング】

プレート式熱交換器のプレート(伝熱板)およびガスケットのメンテナンスを実施しました。
ガスケットの剥離が起こっており、油が漏れている状態から復旧させました。

ガスケット剥離

ガスケット剥離

プレート洗浄

ガスケット接着

カラーチェック

接着剤乾燥

圧力検査

施工完了

熱交換器のパフォーマンス診断

現在のパフォーマンスを数値化し、
その状態を、緑(正常)・黄(注意)・赤(警告)で表示。
お客様にとって最適な補修方法をご提案をいたします。

熱交換器のパフォーマンス診断のメリット

  • コスト削減を実現(電気代・メンテナンス費用)

    エネルギーロスの把握と改善に繋がります。

  • ガスケットの長寿命化

    熱交換器を分解せずにガスケットの状態も診断可能です。

  • 設備稼働率と生産性が向上

    製造を止めずに状態監視が可能です。

  • 洗浄(リコンディショニング)周期の最適化

    適正周期による洗浄でトラブルを減少させます。
    次回メンテナンス時期を弊社で把握し、時期がきましたら弊社からアナウンスいたします。

分析結果でわかること

機器の性能グラフ

  • 時間経過による性能がわかります。
  • トレンド分析ができます。

エネルギーグラフ

最適効率と現状のエネルギー(熱負荷)がわかります。

温度差グラフ

同じ流量で高温側、低温側の温度差がわかります。

パフォーマンス診断内容・手順

  1. プレートの入口に流量センサー・温度センターを設置
  2. 温度、流量の記録測定
  3. 温度・流量のデータ分析
  4. 分析結果報告

※2~3時間で診断が可能です!

その他の問題解決事例