除塵機の海水取水口スクリーン用バケットのめっき補修

今回は、除塵機の海水取水口スクリーン用バケットの耐腐食性・耐久性向上を目的に、めっき補修した事例をご紹介します。
除塵機の海水取水口スクリーン用バケットは、長期間に渡り海水に浸かることで腐食しやすく、定期的なメンテナンスが必要です。
今回のめっき補修では、耐腐食性・耐久性向上に加えて、破損箇所の修理も併せて実施しました。

除塵機の海水取水口スクリーン用バケットのめっき補修の工程紹介
分解・点検

除塵機の海水取水口スクリーン用バケット

海水の影響で、腐食・錆が目立ちます

網部分に破損がありました

修理方法をお客様へご提案しました

網を交換

新品の網に交換しました

ブラスト処理・めっき処理

ブラスト処理で、腐食・錆を落としました

めっき処理で耐腐食性向上

付属部品の新規製作とめっき処理
新規制作した付属部品にも、めっき処理を実施しました。その目的は耐久性の向上です。塗料でも耐腐食性向上を見込めますが、利用可能期間は一般的に4-6年と言われ、めっき処理の場合には10−12年を見込めます。

腐食が激しかった一部部品を新規製作

新部品にも、ブラスト処理・めっき処理を実施しました

部品取り付け

めっき処理後の部品を取り付けました

廻り止め処理なども確実に実施しました

検査・納品

めっきの厚み検査など、各種検査を実施

寸法確認も完了し、お客様へ納品しました

千代田商事では、耐腐食性・耐久性向上を目的とした海水に浸る各種部品の補修事例が豊富にございます。
設備や部品の腐食・劣化でお困りの際には、お気軽にご相談ください。

海水用設備関連の補修事例のご紹介


facebookページはこちら