狭所での重筋・危険作業に。小型バックホウのご紹介-遠隔化、自動化、省力化も-

前回ご紹介した小型建設機械「小型バキューム車」に続き、今回は、狭所での重筋・危険作業に活用できる小型バックホウをご紹介します。

大型のバックホウはパワーは優れていますが、狭所スペースでの作業には不向きです。今回ご紹介する小型バックホウなら、狭所スペースに入り込む事ができ、これまで人が行っていた重筋・危険作業を軽減できます。


小型バックホウ・GATTOシリーズ
GATTO

Gattoは、多機能で革新的なミニショベルで、工事現場での使用に適しています。 密閉された空間での汚染物の除去に最高の技能を発揮します。 安全な距離での安全な操作のための適切なソリューションです。
また、ミニショベルを任意のサクションユニット(真空トラック、サクションショベル、産業用ポンプなど)に接続するのに役立つサクション構成を備えています。

特徴

  • 2つの油圧駆動ラバートラック
  • 機械を制御するために搭載された油圧マニュアルマニホールド
  • マン・オン・ボード構成
  • 油圧パワーパックへのクイックジョイントによる接続

仕様
Weight: 500 [Kg]/1102 [lb]
Height: 900 [mm]/36
Length: 750 [mm]/30
Width: 750 [mm]/30
Standard suction hose: 250 [mm]/10


GATTO RC

Gatto Mini Excavatorには、リモートコントロールシステムが装備されており、掘削機を完全に遠隔操作し、ワイヤレス制御することができます。
このバージョンはGatto RCと呼ばれています。

特徴

  • 2つの油圧駆動ラバートラック
  • 電気作動式マニホールド
  • 油圧パワーパックへのクイックジョイントによる接続

仕様
Weight: 585 [Kg]/1290 [lb]
Height: 800 [mm]/31.5''
Length: 2000 [mm]/79''
Width: 750 [mm]/30
Standard suction hose: 250 [mm]/10


作業事例1〈狭い搬入口からの搬入。内部作業の様子〉

狭い搬入口から小型バックホウ・GATTOシリーズを搬入

作業員が乗車して作業している様子

作業事例2〈遠隔操縦・バキューム機能〉

遠隔操作で作業員がGATTOを操縦している様子

GATTOに作業員が乗車して作業している様子

バキューム機能を利用して、掘削作業と同時に集積したゴミをバキュームで吸い取る様子

動画紹介
世界の先端技術・優良商品の発掘
千代田商事では、昨今の作業者不足、3K作業、重筋作業の問題を少しでも解決しようと考えています。
時代はAI、ロボット、ドローン等の技術が更に進化しています。現場作業をすべて自動化する事はまだまだ難しいですが、新たな取り組みをする事で次世代のものづくりに少しでも貢献していきたいと考えています。
昔の3K作業は「きつい、汚い、危険」でしたが、今後「キレイ、感動、かっこよい」になるよう取り組んでいきたいと思います。
世界の先端技術・優良商品の発掘の詳細はこちら



facebookページはこちら